ブログ マタニティ

双子妊娠はつわりがつらい?つわりが重くて入院も!筆者の実例と共に双子妊娠のつわりについてのまとめと対処法

ブログをご覧いただきありがとうございます。
1歳7か月の双子女子を育てています。
澪です(@futagoikuji_mio

詳しいプロフィールはこちら

この記事を読んでほしい人
◆双子妊娠が分かって、つわりについて知っておきたい人
◆双子妊娠のつわり真っ最中の人
◆奥さんが双子妊娠してつわりが辛そうなのを見ているご主人
◆双子妊娠のつわりを少しでも和らげたいと思っている人

双子妊娠すると周囲の人によく「なんでも2倍だね(大変だね)」
と声をかけられることが多くあります。
つわりはどうなんでしょうか?

双子だからつわりも2倍大変?
今回は双子妊娠中のつわりについて、私の体験振り返りと共に対処法などをまとめていきます。

初めての双子妊娠で何もかも分からない!不安だ!!という人に向けて
こんなこともあるんだなと見てもらえると嬉しいです。

双子妊娠のつわりは軽い?重い?

双子妊娠のつわりについてですが、先に結論を言ってしまうと
単体妊娠だろうが多胎妊娠だろうが差はないです。

どんな症状でも個人差というものがありますが、つわりは人によって現れる症状が様々なので「双子だから」という理由ではつわりが重いとか
単体妊娠だからつわりが軽いということにはなりません。

…のですが、筆者の場合はつわりが重く
出産後よりも人生で一番辛かった時期となったため、記しておこうと思います。

筆者の双子妊娠つわりが重症!

筆者のつわり体験について…以下にまとめておきます。
先述しましたが、個人の体験談ですので一つのケースとして
参考程度にしてください。

もちろん全然つわり来なかった!って人もいるだろうし
つわり思い出したくもない…って人もいると思いますし。

重症妊娠悪阻で入院!点滴で過ごす日々

双子妊娠が分かったのは、初めての診察へ行った妊娠5週の頃でした。
エコーを見ると何やら2部屋に分かれているような…??

「双子だね」

そう医師から告げられた時は(やっぱり…)としか思いませんでしたが帰り道の車の中、嬉しさと不安が入り混じってフワフワした心地でした。

つわり初期〜入院まで


が、そこから数日もしないうちにムカムカ~っとくる胸焼けが。
(これがつわり…?この程度なら余裕~)
などと胸をなでおろしていました。

私はフルタイムで仕事をしていたので、妊娠報告をしてからも
通常通り勤務を続けていて
その間もつわりはありましたが勤務中は気を張っているからなのか
気持ち悪いなぁ…とは感じるものの何とか乗り越えられ
家に着くと嘔吐を繰り返すという日々が続きました。

よく食事のにおいがダメになるといいますが、私もそれでほとんど食べられるものがなくなり、ご飯の炊けるにおいは最悪でした。
一瞬にして吐き気が襲ってきて、トイレと部屋を往復するような状態でした。
そんな状態が1ヵ月ほど続いて、職場でも定期的に嘔吐するようになり
少しでもサッパリしたいと思ってビネガージュースを飲んでみるけど、それも吐く…
というのを繰り返すように。

今日はそれほど辛くないな。つわりが落ち着いたのかな?なんて思いながら
ほとんど無意識に胃液を吐いてしまったときには
(あ、無理かも…)と初めて思いました。
外を歩いている時だったのが不幸中の幸い…。


そんなこんなで、妊娠3ヶ月を迎える頃にはトイレにいる時間の方が長いんじゃ!?ってほど嘔吐。
微熱?37.5度前後の熱も続いていてフラフラ…食べられないので栄養は取れず
氷を舐めても吐くというような状態になってしまいました。

早めに受診すればよかったんだろうけど、そこは妊婦初心者なもので
「定期検診の日まであと○日の我慢だ・・・」と謎の根性を発揮していました。
案の定、定期検診のその日に即日入院措置となり、1ヶ月ほど点滴に繋がれて過ごしました。

いや〜、今思い返しても人生で一番辛い体験でした!!

こんなこと書くと妊婦さんたちは怯えてしまうかもしれませんが
こういう事例もあるよってことで…


入院する1週間ほど前からは吐いても吐くものなく最終的に血を吐き
レバー?内臓?みたいな味が口の中に広がり、その匂いと味でまた嘔吐…
地獄でした…

点滴してもすぐには良くならない…

2度目の定期検診の日から重症妊娠悪阻(じゅうしょうにんしんおそ)で入院し
24時間点滴生活になりました。

点滴をすれば楽になるからねーと励ましてくれる看護師さんの言葉とは裏腹に
入院して数日は点滴をし続けているにもかかわらず、定期的に吐き気が襲ってきて
病院食はおろか、水分を取るのも一苦労でした。

入院病棟にはトイレが1箇所しかなく、トイレに一番近い病室にしてもらったものの
突然襲ってくる吐き気1日何度もトイレに駆け込むのは心が削られる日々でした。


他の妊婦さんは、高リスクではあるもの数日のうちに出産を控えているのに
私は妊娠して3、4ヶ月、双子妊娠しているからと言ってそこまでお腹も大きくなっていないのに
誰よりもグロッキー…。

点滴するしか手立てはないので、日中も特段することがありません。
朝晩の体温を測って、あとは白い天井を見つめ1日点滴をして過ごす…。
入院して1週間ほどはご飯も食べられなかったので1日がとても長く感じました。

2週間ほどで退院!だけど3日で再入院!

点滴を続けていると徐々にですが吐き気も落ち着いてきました。
お風呂に入る許可をもらってシャワーを浴びるとサッパリして
ああ、よかった生きてる…と思ったものです。

今思い返すと大げさな!と思うんですが、当時はツライ一択だったので…。

1週間を過ぎるころ病院食も解禁、食べても吐かないことに感動!
点滴すごい!これで乗り切れる!

ぱくぱく食べられて、しかも吐かない。
飲み物も飲めるし、お風呂にも入れるようになった。

多少の胃のムカつきはあったものの、ほとんど通常の生活が送れるようになったので
2週間で退院しました。

退院の迎えにきてもらった夫とお祝いに外食して帰宅途中、突然の吐き気に襲われ
トイレに駆け込んだら今食べたものがそのまま出てくるくらい盛大な嘔吐!

あれ?

体調悪くないんだけどな?


頭はすっきりしていて、大丈夫だと思っていましたが
その後数日あれよあれよと体調は悪化
またもや入院前と同じようにトイレに住みついた方が便利なんじゃ?ってほど嘔吐しました。

病院に連絡すると、カムバック要請。

2週間の入院後、退院は3日間で終わりました。
その後、つわりが落ち着くまで2週間たっぷり点滴入院をして
結局丸々1ヶ月病院のベッドの上で過ごしました。

平成から令和に変わる瞬間は、病院のベッドの上で白い天井眺めていたなぁ…

つわりの症状も色々!併発も

つわりの症状も人それぞれ色々とあります。
症状別に対処法も変わってきますので、自信が一番楽に過ごせるよう配慮が必要です。

主な症状と対処法は?

  1. 食べづわり
  2. 吐きづわり
  3. よだれづわり・痰つわり
  4. 匂いつわり
  5. 眠気つわり


1.食べづわり
常に何か食べていないと、気持ちが悪くなってしまうつわり症状。
空腹を感じると気持ち悪くなるのでずっと食べていたくなりますが、カロリーが心配。

ちょこちょこと小分けにしてローカロリーのものを選ぶと乗り切りやすいです。
長く噛んでいられるような食材を選んで食べると食べづわりも落ち着き、カロリーオーバーも抑えられます。
ガムやスルメなどはおすすめ。

【つわり辛い度】

評価 :2/5。



2.吐きづわり
多くの人が経験するつわりの症状。
吐き気がする。
食べられるものは人それぞれなので、自分に合う食べ物を探してみてください。
良く言われるのは、スッパイ食べ物や、炭酸飲料、スープ系。
どうしても食欲の出ない人は、最悪氷を舐めてやり過ごすのも手。

【つわり辛い度】

評価 :5/5。



3.よだれつわり・痰つわり
とにかくよだれが出る!痰が出る!体質変わった?と不安になる程私は気になった症状です。
地味にストレスになるので、外出しなければいけない時は大きめのタオルを持ち歩いたり
就寝前には枕元にティッシュなど用意しておきましょう。

止められる対策はないので、どのように処理ができるか考えましょう。
よだれも気持ち悪く感じることもあります。

【つわり辛い度】

評価 :4/5。



4.匂いつわり
つわりになると匂いに敏感になります。
匂い全般がダメになったり、特定の匂いが受け付けなくなったりと人それぞれですが
匂いを感じる場所へは近づかないようにしたり、マスクをしたりで対策できます。

ご飯の匂いで吐き気を感じる人は多いようです。
つわりの時期は調理しなくてもいいよう、時短調理の素やインスタント食品を
うまく活用しましょう。

【つわり辛い度】

評価 :3/5。



5.眠気つわり
つわりの時期は体がだるくなったり、寝ても眠気が取れないといった日々が続きます。
身体を休めるサインだと思って、無理せずゆったり過ごしましょう。

【つわり辛い度】

評価 :1/5。

つわりは個人差が大きい!だったら不安になりすぎないで

さてつわりについてまとめてきました。
筆者は入院も経験するほど壮絶なつわり体験をしましたが、現在妊娠中でつわりで苦しんでる人も
読んでくれていると思います。

筆者ほど辛い体験は稀かもしれませんが、少なからずつわり症状に悩まされていると思います。
でもつわりはいつか終わります。
良く言われる言葉ですが、これに尽きますね。

死ぬかもしれない!と人生1辛かったつわり体験をした筆者でも
今は笑って話せる出来事の一つとなっています。
色んな人に迷惑をかけるかもしれない、いいじゃないですか。
辛くて大泣きしちゃう。泣いたらいいじゃないですか。

人を産み落とそうとしているのだから
1人で何もかもできるだなんて思わないで頼りましょう。
頼って頼って頼られての繰り返しが生きることなんだと、親になって強く思うようになりました。

少しだけでも気を抜いて、周りを見渡してくださいね。

つわりの時期は、食欲も減退し必要な栄養素が取りきれないことも珍しくありません。
今まで普通にできていたことができなくなるって、想像以上にストレスだと思います。

自分だけなら気力で乗り切ってやるーと思うかもしれませんが、
お腹の中にいる赤ちゃんにとっても必要な栄養素はあります。
不足するのは避けたいですよね。

筆者はつわりで吐き続けている間も、赤ちゃんにとって必要な栄養素だけは
取りたいと思って、毎日葉酸サプリだけは欠かさず飲んでいました。

いろんな葉酸サプリメントが出ていますが、このサプリは
鉄もカルシウムも一緒に摂取できて、助かりました。

つわりで入院している間いろんな検査をうけましたが
妊婦になった身体はものすごく鉄が不足しました。
貧血になるんですね。

赤ちゃんにも母体にも必要な栄養が取れるのでとても重宝しました。
匂いや味も抑えられているので、つわりで辛い時も飲みやすいと思います。

上のバナーから購入すると送料無料+20%OFFで購入できるのでお得ですね。

未来の赤ちゃんのために、一緒に生きていく自分のために
試してみてくださいね。


少しでもつわりから解放されますように。

人気ブログランキングへ




-----------------------------------------------------

「双子育児.net」では、双子の育児に追われるパパ・ママに向けて、騒がしく大変な育児を楽しくするヒントを発信中!

当ブログに関する、ご意見・ご感想・ご依頼等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

 

 

おすすめ記事一覧

no image 1

ブログをご覧いただきありがとうございます。当ブログは、双子が産まれて生活が一変した中でその体験談や、役立つグッズや情報を紹介しています。多胎児妊娠・育児は大変だとよく言われますが、本当はどうなんだと… ...

-ブログ, マタニティ
-, , , , ,

© 2021 双子育児〜自分のことを後回しにしない方法〜